スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い彗星襲来

★シャアからの応援メッセージ
 機動戦士ガンダムのシャアがねとらじクリスマス特番を応援

・23日午後6時から24日の午後6時まで24時間生配信している、
ねとらじのクリスマス特番 「24時間ねとらじ生放送!'06」に、
なんと、機動戦士ガンダムのシャア・アズナブル役の声優、
池田秀一さんが応援メッセージを寄せてくれました。

これは、この度「シャアへの鎮魂歌~わが青春の赤い彗星」を執筆した池田秀一さんが
「24時間ねっとラジオをお聞きのみなさん。今年のクリスマスは中止だ」と、
この特番の番組 コンセプトを“支持する”音声メッセージを寄せたものです

このタイミングでの中止は古来より例がない!

というより
クリスマスにブログなんか更新している俺って・・・OTZ



今日は哲学のお話

自分の趣味なのですから全くスキなようにやる

それはそれで全然OK
しかしコンペあるいはオークション出品ではどうでしょう?
ここでの評価は他人様が基準ですよね
他人がこの作品をみてどう思うか?
何点付けてくれるか?
といったことにも配慮する必要があります

ジャンルは違うのですが以前数十団体が出演する
ゴスペルのコンテストを見に行ったことがあります
そのときに思ったことと非常にかぶるのですが

出演者は例外なく皆楽しそうに歌っています
でもそこに微妙な違いがあることに気づきました

それなりのグループは観客より自分が楽しんでいるのです
(舞台に上がれてうれP~みたいな)
巧いグループは観客を楽しませることを楽しんでいるのです

わかります?この差
どちらがより多くの人を楽しませているかは歴然ですよね

これって音楽でも絵画でも芝居でも本質的に同じ事
もちろんプラモでもそうでしょうね
高校の頃演劇部の顧問やっていた先生が言った言葉
「創作活動とは主観によって表現し、客観に於いて評価される」
う~ん深いです
今になってボディブローのように効いてきます

良い作品といわれるモノって
作者自身が言ってるわけではないですよね?
他者の視線を意識して(一歩引いた眼で見て)
作られたモノに対して
評価が付いてきてるんですよね

こう考えると、制作途中のモノを持ち寄って意見交換したりする行為はけっこう重要なんじゃないかな?
先に書いたように他者の目に触れる機会を作るって意味でね
もちろん完成品でもいいんですよ、
意見をもらって次の作品に反映させるという
経験の蓄積につながります

FAさんのミーティングに行ってからしばらくの間こんなこと考えてました

今年もあと少し
仕事にプラモにいろいろ追い込んでいきマッスル!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ん~とてもイイ話しが聞けました。
考えさせられました・・・・・。



あwクリスマスに仕事して、しかもカキコしてサボッてる俺てorz

そうですよね~

下手だろうと、上手かろうと、生で他人に見てもらい
感想を聞くのって大事だと思いますね~

いろんな人の意見けば勉強になりますし、
作品を見るとやる気も出てきますしね~

と言うわけで、塾は月一でお願いします m(_ _)m

他人がどう評価するかを意識する。。。これは常に感じている
ことでしたねぇ。やっぱりネットモデラーしているのは大きいよ
うです。コンテストしかり、コンペしかりですね。

ただ、ネットコンペなどではよい意見は書きやすく得られやすい
のですが、ここがもうちょっと・・・といった意見はネットの性質上
書きづらいようです。

なので、生のオフ会、コジマ塾のような場はとても有意義です。
完成品や、製作途中の評価をいただくってことってほんと目から
ウロコなことが多いです。これ、やっぱり次につながるのですよ
ねぇ。

これからもそういったイベントには積極的に参加していきたいも
のです。

それでわぁ~

どもです!

むつかしい内容ですが、凄く深く考えてしまうお話ですね。

僕も今年の頭くらいまで、ずっと一人でプラモしてたんです。
僕の場合、プラモに対する経験値不足もあるのですが、「この形で良いの?」とか「このやり方で良いの?」とか、かなり悩んで居た所にネットという環境を通して「塗装館」さんや「ファーストエイジ」さんを知り、悩んだ末に、勇気を(かなりw)出してFAさんのミーティングに参加させて戴いたのが、これが僕の「観てもらう」という初めての体験でした。

その場の周りの反応(良くても悪くても)が、とても勉強になりますし楽しいですね。今度こんな事して持っていこう!そしたらどんな反応が返ってくるかな?とか、考えるとメチャメチャ楽しいですw
他者の「目」や「考え方」など、人と接する事で吸収できる事が山ほどある事に気付きました!

未だ基本的な経験不足に悩んでいるので、是非とも次回「コジマ塾」には参加させてください~~

お久しぶりです。

自分は前までは、他のモデラーさんのサイトを「見る」だけでしたけど、最近になって「見る」だけでなく「聞く」ということもするようになりました。それでわずかながらレベルアップできました^^

そしてレベルアップした作品の反省点を次回につなげられるように今年ももう少し頑張ろうと思います^^

では~

うーん、いろいろと考えさせられましたね。
でも他人に見てもらう事で、自分では気が付かなかった点なんかが指摘される事でさらにレベルアップできますし(まぁKMC工作会だと、口が悪いメンバー最年少と、高いレベルを要求する某プロモデラーさんがいますから・・・しかも何気に的を得た指摘をされるから憎めないというか)
やっぱり百鬼以降、ものすごく他人に見せる事を意識して作業するようにはなりましたね(まぁなかなかレベルアップできているかどうか・・・)


あとあれの肩やり直すのは、ただ微妙に失敗したからってだけですよ。
それにやり直すの肩アーマーだけですよ。
むしろ頭をどうするか・・・(MG幅詰めかHGUC流用か・・・)

>cimaさん
お久しぶりです!
ご静聴ありがとうございましたw
というか小難しい話題なのに
cimaさん始めみなさんの理解を得られたことが
すごくうれしいです!

>放置さん
こんちはです!
ホントにコジマ塾っていろんなタイプの人が集まるから
アプローチの仕方が千差万別で、だから自分にはない
発想や手法の発見があっておもしろいんだよね

え?月イチですか?
オレそんなにネタが続かないよ~でも出来るだけがんばりまっす

>たーちゃん
生で作品見る機会でないと、こうゆう双方向の
コミュニケーションってなかなか言いづらいし
聞けないかもね
ガン王会場でも作者さんがその場にいるとは
限らんしね

>トシオンさん
こんちは!
プロアマ関係なくこうゆうことから始まる人同士の
コミュニケーションって素直に良いことだと思うし、
作品にメッセージや魂込めるといわれる
ことってスタートはこうゆうことなんじゃない?
ってことでそのためにFAさんのミーティングやコジマ塾みたいな
場をもっと活用できればイイナってことで

>萩上さん
おひさしぶり!
「見る」って相手が提示した情報の範囲で読み取る行為
「聞く」はそこで思った疑問点や画像に写っていない部分を
探求する、さらに突っ込んだことですよね
先人の知恵が楽に手に入るイイ時代になんで
どんどん吸収してってくださいね
あ、メッサーラ楽しみにしてますんで、時間掛かると
思うけど頑張って下さいね!!

>hiro
オークションとかに出品してると
明確にその差が出るんだろうな
制作物にも撮影にも・・・
でもそゆこと意識するのは大事ではないかと


プロフィール

大阪たろう

Author:大阪たろう
元コジマ大隊長
現在は大阪たろうですw

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
フリーエリア

バナードゾー

コジマ塾活動報告
1897_0.gif
参加コンペ
2011 年11月6日開催シマス

2010 年11月エライコッチャ

東北太平洋沖地震救済企画
ボールジョイントプロジェクト
AUMSネタ提供元
gundabnr.gif

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。